【 補強カバー 】



です。何の?
 

これの

手芸屋さんで生地を巻いてる紙板。

テーラーみたいに生地を筒ではなく幅広に模様がわかるように保管したかった。

ネットで探しまくってやっと見つけて卸できないところを粘って分けてもらった。


こんな感じでかぱっとつけます。

そしたらあら素敵!紙もいい感じに見えてくる!



こないだ作った額縁金具を取り付ける。水平を出すのにちょっと苦戦した。


額縁の裏につけて…って言ってもコレ、犬のトイレに作ったものなんですけどね、笑。

もう犬用としては使わないので。
額縁に生まれ変わってもらう。

相方の金具は壁面に。

そして最終こうなった。


『金華山とゴブランを美しく陳列するスペース』出来上がり。


額縁は何度外してもコレで壁に穴も開かないし額縁も痛まない。

上に持ち上げるだけ。


生地の板もカバーで何度どんと床に置いても凹まない。

カバーの小さな穴に真鍮タグをつけるのでそれも破れてたりしない。

タグのおかげで何が巻かれてるかすぐわかる。


リネンの生地カバーで生地も日焼けから守れる。


ふふふ。完璧だ。


コレで生地関連のストレスはなくなった。


こうやって日々の作業のストレスをなくしていく、

美しく陳列する

そうしたら私のテンションも上がる、創作意欲が湧いてくる。


ちょっとの工夫とすんごい労力で(笑)


動きやすさと心地良さを手に入れる。


そしてお客様もちょっと喜んでくれる。


体はガタガタになるが心はるんるんよ、安いもんさ。



よし、次!




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です