【 ちっとも 】


進まない。

パールの選別がとくに大変かも。
昔にざざーっと混ぜてしまったからMixで売ろうとしても
「もう少し仕分けるか」と思ってしまう。


実際はこんなにはっきり色の判別はつかない。
ほんの少し青み、ほんの少し大きい、ほんの少し黄みがかってる、
全部ほんの少し。
混ざるとはっきり違いがわかる。
染めるとさらにわかる。だからうちのパールはムラ染めなんだけど。

半日かかってひとつのタッパーがやっとこさ仕分けれるぐらい。
それでも完璧にはできない。

BGMが猛烈に眠気を誘う。

ざざーっとパールを転がす音が波の音に聞こえる。笑。的な。

カフェインをストップしてたけど、
仕分けをするようになって中毒がまた戻った。

6時から、んー、4杯目??

誰だ、盆明けにsaleするなんて言ったのは?
あー、私だな。

ごめんなさい。



【 ラクトビーズ 】


象牙が使われなくなって作られた素材。
牛乳成分でできていて、象牙に似せてちゃんと象目筋目がはいっています。
本当に象牙に見える。

アトリエにあるやっかいな量。一生かかっても使い切れないーーー。
活かさねば。

まだまだある。

パックは大分とお安くなってます。

こっそり新色も。

アトリエでは一個売りもいつも通り。

染める用の生地(白のまんま)の超お得パックも作る予定です。
染料とサジ付きも作らないとね。笑。

染め用はまだちょっと先。先に仕分けです。

ラクトビーズはこれからこの本の色を参考に伝統色で染めていこうと思っています。

和の色の微妙なニュアンスには本当に圧倒される。

色の由来など織り込んで掛け合わせの妙を表現して。

象牙に似せて作られた美しい小さなビーズを
みなさんに楽しんでもらえたら…って思ってます。

ただ色の羅列陳列はつまらない。

染めの難しさ、日本の色の素晴らしさ、言葉遊び
そういうのをこの馬鹿みたいにたくさんある
近代技術の集結で作られたこのビーズでやってやろう。笑。