もったいない…

先日、ある雑誌の方から掲載しませんか?というお話があった。
とても魅力的っだったけど、こちらの情けなーい理由でお断りした。
ほんとに残念…。
アクセサリーのサイトがたくさんあるなか、連絡をもらったのはとても嬉しかった。
誰かが見てくれて、いいなって思ってくれるのは自信にも励みにもなる。
もっとたくさんの人に見てもらえるようにいいものを丁寧に作っていこう、と思いました。


素敵な出会い

昨日とてもおもしろいことがありました。
電車の中で、資料にともらったブライダルリングのカタログを見てると、
なんだか視線を感じる。すごく。隣から。
しばらくするとそのお隣さんが声をかけてきた。
55歳ぐらいの粋zの雑誌に載っていそうなおじさん。
どうも私の見ていたカタログを子供の絵本と思ったらしく、説明すると、感動し、
カタログの斬新さと、おじさんの美の観念を語り出した。私が電車を降りるまで。
その話がまた楽しいのと、共感するのとでかなり会話も弾んでいた。
周りに座っていた人は「??知り合いだったの??」って顔で私たちを見ていました(苦笑)。
あまりに気に入ったみたいだったのでそのカタログを差し上げると、
娘に見せると喜んでもらって私も何だかつられて嬉しくなってしまった。
またお会いできたらいいですね、と言われて私もそう思った。
いつもの電車がちょっとへんてこりんで楽しい20分に変わった1日でした。