【 うちのアヌビス神 】


ちやこと店番をする日々。

案外イケてる。割と大人しくしてくれてる。
そうしてれば「かわいい」って言われて、私に「いい子ね」って言われることに
気づいたのか?

お客様に「エジプトの犬の神様みたいですね」と言われた。

えー。犬、あぁ、アヌビス神ね。笑。
ジャッカル(犬)の姿をしたミイラ作り、死者を冥界に送る神様。
ピンシャーみたいな感じ。

そうね、お客様が来たら家具屋の椅子にすっくと立って(座って)
「誰だ、てめぇ、帰りやがれ」みたいな臨戦態勢でお出迎えですから、笑。

↑これアヌビス神です、笑。

ま、ほんとこんな感じかもしれません。

で、店が閉まったあとのうちのアヌビス神。

欠伸するアヌビス。

職務放棄のアヌビス。

疲れて眠るご老体アヌビス。

おい、アヌビス。
そこに没薬と乳香があるからミイラ作ってみろ。

おい、アヌビス。
足元をちょろちょろするんじゃねぇ、蹴飛ばしちゃうだろ。

おい、アヌビス。じっとり私だけを見つめて愛するのやめてくれ。

うっとーっしぃったらありゃしない。

頼む、家具屋、早く連れってくれ、この冥界の死者。

愛されすぎて、遊びに行けない。泣。

Follow me!


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です