【 看板変更 】



看板は10年のうちに増えたりモチーフが変わったり何度か塗り直したり名前を変えたりした。

やーっと「アクセサリー材料専門店」が定着したのになぁ。

はずしちゃった2つとも。笑。

裏面には黒板を貼ってたけど、とうとう一度も使わず。
「1年使わなかったものは捨てる」タイプなのでべりべり剥がした。

取ったらこんな感じに、裏は太陽があたらなくて湿気て苔が生えてる。
意外にそれがいい感じにも見えてしまう。

真鍮の切り文字は10年前に作ったもの。まだまだ使える。
磨いては古びて、でもまた磨くと綺麗になる。
木はそうはいかなくて、でもいい味が出てくるから面白い。

「アクセサリー材料専門店」になったのっていつだったかな?
5年ほど前だろうか?忘れちゃった。

10年目だし、初心に帰るってことで、やめよう。元に戻ろ。

もう、死ぬまでパーツ屋のおばちゃんでいいと思ってたんだけど。


お客様の選んだものを形にするのは好きだ。すごく喜んでくれるし、楽しい。

けど。
思考が停止したまま、ただものを売るだけに飽きた。

パーツを組むっていうのは一定の法則がある。
黄金比率だとか、対称非対称とか凹凸のバランスとか
肌の色、体の曲線とか、会話の糸口とか、

そーゆうのを1個づつ分析してったら8割は勝手に形はできてくる。

それをバチッと合わせてその人様に仕立てるのが猛烈に楽しいんだけどさ。

違う楽しさもあるんだよね。


あぁ、やっと意固地から脱出して普通に販売店になれそうだったのに。
また偏屈に戻りつつある。
おかしい、開けたお店chielにしようとしてたはずなのに逆行してる、笑。

性根というのはなかなかは治らんということか。

Follow me!


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です